不動産の売却に困ったときに選んだ方法

買取という方法で正解でした

遠くの土地だったのでどうせなら同じ日に幾つかの業者に見てもらって買取をしてくれるところを探そうと4社に連絡をして一日の間に順々に見てもらう計画を立てました。
当日はとても忙しくはなりましたが、それぞれの業者と相談して、買取価格を提示してもらうことができたのです。
当初仲介を依頼したときの価格よりは低くなってしまっているのは仕方のないことだとしても、十分に納得のできる価格をどの業者も提案してくれました。
売れないはずの土地をどのように使うのかという気もしたので、最後に相談した業者に聞いてみたところ、新しく区画整理で広い道ができているから店舗物件なら売れるかもしれないという話でした。
まずは土地として法人や個人事業主を相手に売りに出してみるつもりだという話を聞いて、なるほどと納得したのを覚えています。
確かに交通量は多くなると予想される道に面しているので、別に駐車場を用意できるなら店舗経営をするのには向いている土地だと考えることはできました。
プロの業者だからそのような視点で売れる可能性があると判断してくれるのだとわかり、買取という方法を選んでみて正解だったと感じています。
相談をしてから速やかに売却にまで到達することができ、比較をしていたにもかかわらず三週間ほどで引渡しも終えられました。
一般の人には売りにくい物件を売りたいときには優れている方法と言えるでしょう。

不動産売却で仲介業者を使ってみました不動産業者に買取依頼買取という方法で正解でした

不動産売却益 税金 / 賢く売りたい売却マニュアル