不動産の売却に困ったときに選んだ方法

不動産業者に買取依頼

不動産売却で仲介業者を使ってみました不動産業者に買取依頼買取という方法で正解でした

これで買い手が見つかってしまえば何も問題ないと思っていましたが、業者の方も少し首を傾げている様子があり、買い手が見つからないかもしれないというニュアンスの言葉を発していました。
ただ、業者側としても買い手が見つかれば利益になると考えたのか仲介をしてくれるということにはなりましたが、結局三ヶ月が経っても契約相手は見つからず仕舞いでした。
契約の更新についての通知が届いて考えたこととして、このまま同じ方法で探していても買い手が見つからないだろうという点があります。
居住用の家を建てるにはやや狭く、賃貸経営のために購入しようにも駐車場経営程度しか候補にならないのではないかと考えると一般の人を相手にしていても候補者は出てこないだろうという結論に達しました。
仲介業者には断りを入れて、別の業者に依頼することにしたのです。
別の方法はないかと情報を集めていたときに、不動産買取というものが存在することを知りました。
不動産を扱っている業者に売却するという方法であり、売れにくい土地であっても買い取ってくれることが多いというのが魅力的な点です。
本当に買取をしてくれるのかという疑問こそありましたが、土地のある地域で事業を行っている業者に連絡してみたところ、現場を見てくれることになりました。